カテゴリー
アーカイブ/Archive

勉強会アーカイブ/Archive 「神秘主義と呪術」 Mysticisme et Pratiques Magiques

2021年3月26日アジアアフリカ・宗教と現代社会空間 勉強会Vol2 Séminaire ReSM (La religiosité dans la société moderne)

↓下の動画をクリックして再生

カテゴリー
新刊 Publication

【新刊 / Publication】Spirituality as a Way: The Wisdom of Japan

「これは人の意味とはなにかの探求に関する日本的パースペクティブである」ロイ,デイヴィッド (宗教・倫理・社会学博士、禅師、作家)

‘Japanese perspectives on the quest for what it means to be human’ David R. Loy – Zen Master / Award-winning author of Ecodharma

本研究プログラムの研究員である樫尾直樹(慶應義塾大学)先生の著書が2021年3月29日付で、以下のように出版されましたのでお知らせいたします。

下記サイトから、事前予約が可能です。

Spirituality as a Way: The Wisdom of Japan

Spirituality as a Way: The Wisdom of Japan  (June 30, 2021) by Naoki Kashio (Editor), Carl Becker (Editor) How do Japanese people foster spiritual awareness? This book provides a fresh perspective on spirituality by highlighting the wisdom of Japan: ‘Way’ (pronounced michi or do in Japanese), which makes life a place for self-cultivation and personal growth, as seen in budo (the Way of martial arts) and geido (the Way of art). Traditionally embodied in the daily lives of the Japanese people, this practical perspective covers life situations ranging from greetings and meals to lying down and sitting up. These discussions of Japanese spirituality range from grief care, spiritual care, reincarnation, Zen and meditation to philosophical worldviews. Japanese spirituality as a Way contrasts with Western spirituality that tends to be based on a cognitive approach with a background of mind-body dualism.
Today, as the traditional interconnectedness of humanity is increasingly fragmented, the authors hope their contribution from Japan may promote the study, understanding and practice of spirituality around the world.

推薦文
‘A gem…a ray of hope amid the darkness of COVID’  Wilfred McSherry – Professor, Staffordshire University

‘A key text for engaging in contemporary spirituality studies’  Yujin Nagasawa – Professor, University of Birmingham


‘A model of spirituality distinctly different from Western spirituality’ 
Susumi Shimazono – Professor Emeritus, University of Tokyo

Table of contents Figures

Tables 
Photographs
Introduction: Issues in Contemporary Spirituality Studies 
Part 1: Spirituality in Grief Care

  1. Spiritually Healing the Grief of Disaster Victims: Lessons From Support After
    the Great East Japan Earthquake 
  2. How Japanese Spirituality Addresses Grief
    Part 2: Spirituality in Spiritual Care
  3. Japanese Cancer Survivors and Spirituality: Meaning in Work as Response
    to a Spiritual Need
  4. The Modes of Spiritual Care 
    Part 3: Meditation and Self-Cultivation
  5. The Way of Japanese Spirituality: From the Viewpoint of Zen Philosophy 
  6. A General Theory of Japanese Meditation 
    Essay 1 
    Meditation Experience, Consciousness and Language: To Study the Invisible
    World 
    Part 4: Worldview in Glocal Context
  7. Spirituality: A Question to Japanese Society 
  8. Reincarnation Revisited: An Inquiry into Three Types of Reincarnation
  9. Trends in Modern Spiritual Culture: Eckhart Tolle and the Neo-Advaita
    Movement 
    Essay 2 
    The World of Something Great in the Eyes of a Life Scientist 
    Index

以下のサイトより事前予約が可能です。

Amazon URL

Trans Pacific Press URL

カテゴリー
アナウンス Annonce

3月26日 第二回勉強会「神秘主義と呪術」Séminaire Vol2. Mysticisme et pratiques magiques

アジア・アフリカ比較共同研究

「現代社会の生活空間における宗教性」

Séminaire ouvert : 

Religiosité et espaces de vie dans les sociétés modernisées 

-Perspectives depuis l’Afrique et l’Asie –

Vol. 2

第二回勉強会

「神秘主義と呪術」

Mysticisme et Pratiques Magiques

日時 2021年 3 月 26 日 18:30 JST / 9:30 GMT

Date 26, Mars 2021 18:30 JST / 9:30 GMT

場所 オンライン開催

Lieu : Université Kyoto Seika / En ligne 

*勉強会は日仏逐次通訳で行われます。Le séminaire sera en japonais/ français.

参加 URLInscription (どなたでも視聴できます)

現代人の生活空間から宗教は排除されたのか?アフリカ・アジアの社会を見るとむしろ反対の事例が多く見えてくる。ここでは従来の「宗教」というくくりでは捕らえきれないモラル、精神性あるいはライフスタイルとしての宗教性が、現代社会において新たな形で個人、集団の生き方を形成しているという認識に基づき、これを「空間」という軸からとらえ、理解する試みをしてみたい。

Vol2のセミナーでは、「神秘主義と呪術」をテーマに、アジア、アフリカ研究者がそれぞれの見地からディスカッションを行う。日本の呪いとアフリカの呪術信仰にはどんな共通点があるか?現代社会で呪術やスピリチュアル運動がどのような展開をしているのか?活発な議論をお楽しみに!

La religion a-t-elle disparu dans les espaces modernes ? Les études de cas en Afrique et en Asie montrent que la religiosité fait bel et bien partie de la vie moderne. Organisé par les chercheurs de l’Université Kyoto Seika, l’Université Keio et l’Université Gaston Berger de Saint-Louis, ce séminaire s’interroge sur la façon dont la religiosité – qu’il s’agisse des religions monothéistes ou d’autres croyances traditionnelles, animistes ou mystiques – s’impose à travers les espaces de vie dits modernisés en Afrique et en Asie.

【参加 Participation /membres du projet 】

樫尾 直樹 Masaki KASHIO(慶應義塾大学 Université Keio)

野中葉 Yo NONAKA(慶応義塾大学 Université Keio)

フレデリック・ルボー Frédérique LOUVEAU(セネガル国立ガストンベルジェー大学 Université Gaston Berger de Saint-Louis)

申 昌浩 Shin CHANG-HO (京都精華大学Université Kyoto Seika)

清水 貴夫 SHIMIZU Takao (京都精華大学Université Kyoto Seika)

ウスビ・サコ Oussouby SACKO(京都精華大学Université Kyoto Seika)

ファビアン・サンソン Fabienne SAMSON (アフリカ世界研究所・フランス IMAF)

バーバ・クリバリー Baba COULIBALY (マリ国立人文学研究所 l’Institut des Sciences Humaines, Mali)

アブドゥラフマン・セック Abdourahmane SECK (セネガル国立ガストンベルジェー大学 Université Gaston Berger de Saint-Louis)

【ゲスト / Guest】

アルノー・ズフー Arnaud ZOHOU (ロワール地域教育プログラムダイレクター ・映像作家 Directeur de l’atelier Canopé 42 – Saint-Étienne)

【コメンテーター Discutants】

堤 邦彦 Kunihiko TSUTSUMI (京都精華大学Université Kyoto Seika

【通訳兼司会 Modératrice】

阿毛 香絵 Kae AMO (京都精華大学Université Kyoto Seika

18 :30     JST 9:30 GMTセミナー紹介 / Introduction   メンバー自己紹介とそれぞれの研究テーマについて
19:00- 20 : 00 JST 10 :00-11 :00 GMTディスカッション / Débat テーマ「神秘主義と呪術」 Thème : Mysticisme et Pratiques magiques

前回のセミナーやその他の情報はウェブサイトからごらんいただけます

お問い合わせ / Information kaeamo@kyoto-seika.ac.jp

カテゴリー
イベント報告 Rapport d'activité

2020年10月24日勉強会資料・記録映像

2020年10月24日に以下のように勉強会が開催されました。

勉強会資料と記録映像を公開いたします。

(研究会記録映像↓)

日時 10月24日  Date : 24 octobre 2020

場所 京都精華大学 / オンライン開催(ハイブリッド型開催)

Lieu : Université Kyoto Seika / En ligne

プログラム

17 :00  GST (8 :00 GMT)           
セミナー紹介 メンバー自己紹介
17 :30- 18 : 30 GST (8 :30-9 :30 GMT)   
研究発表 / Présentation

テーマ「宗教性と現代社会・アジア ・アフリカからの考察」
Thème : La religiosité dans la société moderne, réflexions depuis l’Afrique et l’Asie. 

■ 研究紹介 Presentations par

樫尾 直樹   Masaki KASHIO(慶應義塾大学  Université Keio)

『「宗教性」概念に関する⼆、三のこと (Quelques mots sur le concept de “religiosité”)』

フレデリック・ルボー Frédérique LOUVEAU(セネガル国立ガストンベルジェー大学Université Gaston Berger de Saint-Louis) 

『Des Nouveaux Mouvements Religieux à la gestion de l’environnement par des acteurs religieux (新たな宗教運動・環境への取り組みとの関連から)

■ コメンテーター Discutants

ウスビ・サコ   Oussouby SACKO(京都精華大学 Université Kyoto Seika)

野中葉  Yo NONAKA(慶応義塾大学 Université Keio)

■ 通訳兼司会  Modératrice  

阿毛 香絵   Kae AMO (京都精華大学 Université Kyoto Seika)

登壇者プロフィール / Profile des speakers

樫尾 直樹 Masaki KASHIO

慶應義塾大学文学部社会学専攻(文化人類学コース・宗教学専攻)准教授。 マインドフルネスと内丹法を中心に瞑想を実践・研究を行う。

『慶応大学マインドフルネス教室へようこそ!』国書刊行会、2016年

『マインドフルネスがよくわかる本』秀和システム など、著書多数。

参考 慶応マインドフルネスセンター https://kashio0.wixsite.com/keio-mindfulness

フレデリック・ルボー  Frédérique LOUVEAU

文化人類学博士。セネガル国立ガストンベルジェー大学(Université Gaston Berger de Saint-Louis)文明・宗教・芸術・コミュニケーション学部(CRAC)学部で教える。主な著作に「西アフリカにおける日本の宗教布教~ベナン・コートジボワール・セネガル・フランスにおける崇教真光の人類学~」2021年(Un prophétisme japonais en Afrique de l’Ouest. Anthropologie religieuse de Sukyo Mahikari (Bénin, Côte-d’Ivoire, Sénégal, France)Paris, Karthala, 2012)がある。

カテゴリー
ReSMについて Informations

勉強会メンバー Membres du projet

氏名所属専門分野・専門地域役割
阿毛香
Kae Amo
京都精華大学・特任講師文化人類学・セネガル全体コーディネート
ウスビ・サOussouby Sacko京都精華大学・教授建築学・マリ、日本アドバイザー
清水貴
Takao Shimizu
京都精華大学・准教授文化人類学・ブルキナファソ研究担当者
申 昌
Sin Chang-Ho 
京都精華大学・教授宗教社会学、大衆文化論・韓国研究担当者
樫尾 直
Naoki Kashio
慶應義塾大学・准教授社会学・日本、コートジボワール研究担当者
野中 
Yo Nonaka
慶應義塾大学・准教授地域研究・インドネシア研究担当者
ファビアン・サンソン
Fabienne Samson
 
IRD、IMAF・専任研究員文化人類学・セネガル、アルジェリア研究担当者
アブドゥラフマン・セック
Abdourahmane seck
 
サンルイ大学・助教授文化人類学・セネガル、モロッコ研究担当者
フレデリック・ルボー
Fréderique Louveau 
 
サンルイ大学・助教授文化人類学・セネガル、ベナン、コートジボワール研究担当者
バーバ・クリバリー Baba Coulibalyマリ国立人文科学研究所地理学・マリ研究協力者  

カテゴリー
ReSMについて Informations

研究テーマ・目標

宗教性x現代空間x人間というテーマ設定による多分野横断型研究

従来、「宗教」と「空間」とは双方主に異なる研究分野について取り扱われており、前者は宗教学や文化人類学の分野から、後者は都市工学建築学、空間社会学などからアプローチされてきた。本研究は、従来まで文化人類学、宗教学などの専門分野とされてきた宗教、宗教性やスピリチュアルなどのテーマについて、都市や空間との関係から再定義するものであり、上記で揚げた異なる研究分野を横断する学際的な研究を可能にする。

現代社会の精神性や宗教性というテーマについて都市空間や生活空間などとの関わりから新たな位置づけと評価を行うことによって、実践的な面でも、今後の都市計画や街づくり、建築様式について検討する際にも重要な要素を提供することができると考える。

特に京都は寺や神社などの宗教施設のみならず道祖神やスピリチュアルスポットなどが多数存在しており、現代の生活空間における宗教性を多分野的、多面的な視点から研究するために理想的なフィールドであるといえる。また、近年イスラーム教徒や海外からの移住者も増加しており、日常生活、日常空間において礼拝やその他の宗教実践を行うことを常とする外国人居住者のインテグレーションを考える上で、「空間」という分析軸に焦点をあてる本研究のアプローチは大きな意義がある。

研究テーマ

各研究担当者がそれぞれの研究分野事例研究についてテーマを設定し研究を進めると同時に、以下の共通テーマについて合同で意見交換を行い、明らかにする。

  • 対象地域の公共空間(路上、広場、公園など)における宗教実践や宗教運動について、空間と現代社会との関わりから明らかにする。
  • 寺、モスクや教会などの宗教施設、宗教建築物の現代社会における役割や利用する人々に関する研究。観光資源、文化資源としての宗教性という側面から分析を進める。
  • 個人の日常的な宗教実践やスピリチュアリティの実践などを通じた身体表現や実践とそれが行われる空間(公共空間、ドメスティックな空間を含む)での表象について
  • それぞれの社会におけるマイノリティーによる「異文化」としての宗教実践とそれが行われる空間、現地の文化との関連についての分析(日本におけるムスリムコミュニティー、アフリカにおける真光や天理教についてなど)。
  • その他、宗教性と空間について明らかにする理論構築や分析方法、アジア・アフリカからの新たな視点に関する理論的なアプローチ。